ブレッドボードでジャンパ線が外れる

ブレッドボードは気軽に配線を組むことができるのでとても便利ですが、引っかかってしまったり穴がゆるくなったりすると、ジャンパ線が抜けてしまうことも良くあると思います。

とはいえ、プロトタイピングの途中で、はんだ付けや基盤のプリントまではしたくない、といった状況では、端子台を用いることをおすすめします。

ねじでジャンパ線を固定する端子台

 

端子台は、ブレッドボードほど柔軟な配線はできませんが、ねじでジャンパ線を固定するので、ブレッドボードよりも固定力があり、ジャンパ線が外れづらいのが特徴です。

端子台

下図の赤線の部分のように、向かい合わせになっている端子同士が導通しています。

ジャンパ線を接続する際は、まず接続する端子のネジを緩めるとネジの下部に隙間ができるので、線を差し込みます。その後、ネジを締めると固定することができます。

端子台の接続

ショートバーを用いた分岐

配線を分岐させたいときは、1つの端子に複数の線を繋ぐこともできますが、やや煩雑になってしまうので、ショートバーを用いると良いでしょう。ショートバーは複数のクリップが繋がったパーツのことです。

ショートバー

ショートバーの各クリップは端子台のサイズにぴったりフィットするようになっており、端子の隙間に差し込んでネジで固定することで、取り付けることができます。ショートバーを接続すると隣り同士が導通されるので、下図のように接続した場合、右から16個の端子が導通状態になります。

ショートバーを接続した状態

このように、端子台は、あまり複雑な配線を行うことには適していませんが、ネジでしっかりと固定されるので、ブレッドボードを使っていてジャンパ線が外れやすい場合に是非検討してみてください。

例えば、電源の分配部分だけ端子台を導入する、など一部に使用するのも良いと思います。

 

配線

Related Posts

rosserialを使ってArduinoで/cmd_velトピックを受信してロボット台車を動かす
rosserialを使ってArduinoで/cmd_velトピックを受信してロボット台車を動かす
概要 ROSを使って実機でロボット台車を動作させたい時に、Arduinoでシリアル通信経由でROSトピックを受信して、ロボット台車を動作させる方法を説明します。 /cmd_velは、平行移動の速度と回転速度が定義されたgeometry...
Read More
ArduinoとCAN-BUSシールドでCAN通信
ArduinoとCAN-BUSシールドでCAN通信
概要 CAN(Controller Area Network) はドイツのBOSCH社が開発したシリアル通信プロトコルです。信頼性が高く、主に自動車の制御システムに用いられていましたが、最近はIoT、ロボット台車などでもCAN通信を使...
Read More
ROSパッケージ紹介 | depthimage_to_laserscanでデプスカメラ情報からscanトピックを発行
ROSパッケージ紹介 | depthimage_to_laserscanでデプスカメラ情報からscanトピックを発行
概要 gmappingなどの多くのマップ生成パッケージでは、sensor_msgs/LaserScanの型のトピックを受信することが多いと思います。そのような時に、scanを発行できるデバイスはLidarなどがありますが、Lidarを...
Read More

サイトについて

RoboStationは誰でも手軽にロボットを製作できるようにすることを目的としたEC・ハウツーサイトです。