概要

コンセントから得られる交流の電源を、ACアダプターでDC電源に変換をした上で電子回路に導入したいときの方法について解説をします。

ネジ端子

ACアダプターの端子を+と-に分けてくれるネジ端子がありますので、これを用いることでDC電源に変換して電子回路に導入することが可能になります。

 

ねじ端子

ACアダプターに接続するとこのようになります。このとき、端子のサイズが合うものを購入するよう、注意してください。

+と-

2つに分かれた端子には「+」「-」と記載されていると思いますので、-は回路のGNDに繋げます。

 

端子にネジがついていますので、このネジを緩めます。

 

ネジを緩めると、端子の口が開きますので、ここに線を差し込んだ上で、ネジを締めて固定すれば完成です。

 

ACアダプタの電圧や電流の強さによってはジャンパ線では耐えられないことがあるので、接続する線に関しては状況に応じて最適なものを選定しましょう。

配線

Related Posts

温度・湿度センサーDHT11を使ってArduinoで温度と湿度を計測する
温度・湿度センサーDHT11を使ってArduinoで温度と湿度を計測する
概要 温度と湿度を計測することができるDHT11というセンサーを用いて、Arduinoで温度と湿度を計測する方法について解説をします。 DHT11について   DHT11は、温度と湿度を同時に計測することができるセンサーです。上記はモ...
Read More
Arduino IDEのインストール方法と使い方
Arduino IDEのインストール方法と使い方
概要 Arduinoは入出力ポートを備えたマイコンボードで、ソースコードを書くことで、さまざまなハードウェアを制御することができます。 ソースコードを開発・ボードに書き込むためには開発環境であるArduino IDEのインストールが必...
Read More
Arduino Nanoのピン配置
Arduino Nanoのピン配置
Arduino Nanoのピン配置です。公式ページ: https://content.arduino.cc/assets/Pinout-NANO_latest.pdf 備考 PWM出力が可能なピン:「~」が先頭についているピン...
Read More