概要

Arduinoのコードを書く際に、処理をキューイングして順番に処理をしていきたい時がありました。Arduinoにはarrayはありますが、FIFO(後述)型のキューはデフォルトでは無いため、外部ライブラリをインクルードする必要があります。

結論

いくつかArduinoでキューイングができるライブラリがありますが、下記ライブラリがおすすめです。

レポジトリをzipダウンロードして、Arduino IDEで「スケッチ→ライブラリをインクルード→.ZIP形式のライブラリをインストール」を選択して先程ダウンロードしたzipファイルを選択してインストールしましょう。

使い方例

よくあるキューと同じような使い方で扱うことができます。

基本的な使い方 

#include "Queue.h"
Queue<int> queue = Queue<int>(); 

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  queue.push(1);
  queue.push(2);
  Serial.println(queue.pop()); // 1
}

void loop() {
}

pushでキューの中に値を入れて、popで取り出します。

peek

peekはキューの中身を取り出すことなく、先頭の値を返却します。

 

#include "Queue.h"
Queue<int> queue = Queue<int>(); 

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  queue.push(1);
  queue.push(2);
  Serial.println(queue.peek()); // 1
  Serial.println(queue.pop()); // 1
  Serial.println(queue.pop()); // 2
}

void loop() {
}

clear

clearはキューの中身を全て削除します。

 

#include "Queue.h"
Queue<int> queue = Queue<int>(); 

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  queue.push(1);
  queue.push(2);
  Serial.println(queue.pop()); // 1
  queue.clear();
  Serial.println(queue.pop()); // 0
}

void loop() {
}

キューとスタックの違い

スタックとキューの違い

値を出し入れする仕組みの代表的なものとしてキューとスタックが挙げられます。この2つはキューは先に入れたものが先に出てくる(FIFO = First in, first out)スタックは最後に入れたものが先に出てくる(LIFO = Last in, first out)という違いがあるのでこれを意識しながら使っていきましょう。

私は上図のようなイメージで考えています。スタックは物を上に積み上げていくイメージなので、取り出すときは上から(最後に積んだものから)となります。キューは行列に並ぶイメージで、列に加わる時は最後尾について、列から出ていくときは最前列の人(最初に並んだ人)からとなります。

Arduino

Related Posts

realsense_rosのrs_camera.launchで/imuが発行できなかった
realsense_rosのrs_camera.launchで/imuが発行できなかった
概要 直近、realsense_rosのrs_camera.launchを立ち上げた際、unite_imu_methodパラメータを設定しても/imuトピックが立ち上がらない事象が起きていたため、調査した内容の備忘録となります。内容は...
Read More
rosserialでLost sync with device, restarting...と出て接続が切れる時のチェックリスト
rosserialでLost sync with device, restarting...と出て接続が切れる時のチェックリスト
概要 rosserialを用いてArduinoでROSトピックをSubscribeしようとした時に、Lost sync with device, restarting... と表示されて接続が切れてしまう時に確認すべき事項をまとめまし...
Read More
rosserialを使ってArduinoで/cmd_velトピックを受信してロボット台車を動かす
rosserialを使ってArduinoで/cmd_velトピックを受信してロボット台車を動かす
概要 ROSを使って実機でロボット台車を動作させたい時に、Arduinoでシリアル通信経由でROSトピックを受信して、ロボット台車を動作させる方法を説明します。 /cmd_velは、平行移動の速度と回転速度が定義されたgeometry...
Read More