概要

Arduinoのコードを書く際に、処理をキューイングして順番に処理をしていきたい時がありました。Arduinoにはarrayはありますが、FIFO(後述)型のキューはデフォルトでは無いため、外部ライブラリをインクルードする必要があります。

結論

いくつかArduinoでキューイングができるライブラリがありますが、下記ライブラリがおすすめです。

レポジトリをzipダウンロードして、Arduino IDEで「スケッチ→ライブラリをインクルード→.ZIP形式のライブラリをインストール」を選択して先程ダウンロードしたzipファイルを選択してインストールしましょう。

使い方例

よくあるキューと同じような使い方で扱うことができます。

基本的な使い方 

#include "Queue.h"
Queue<int> queue = Queue<int>(); 

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  queue.push(1);
  queue.push(2);
  Serial.println(queue.pop()); // 1
}

void loop() {
}

pushでキューの中に値を入れて、popで取り出します。

peek

peekはキューの中身を取り出すことなく、先頭の値を返却します。

 

#include "Queue.h"
Queue<int> queue = Queue<int>(); 

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  queue.push(1);
  queue.push(2);
  Serial.println(queue.peek()); // 1
  Serial.println(queue.pop()); // 1
  Serial.println(queue.pop()); // 2
}

void loop() {
}

clear

clearはキューの中身を全て削除します。

 

#include "Queue.h"
Queue<int> queue = Queue<int>(); 

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  queue.push(1);
  queue.push(2);
  Serial.println(queue.pop()); // 1
  queue.clear();
  Serial.println(queue.pop()); // 0
}

void loop() {
}

キューとスタックの違い

スタックとキューの違い

値を出し入れする仕組みの代表的なものとしてキューとスタックが挙げられます。この2つはキューは先に入れたものが先に出てくる(FIFO = First in, first out)スタックは最後に入れたものが先に出てくる(LIFO = Last in, first out)という違いがあるのでこれを意識しながら使っていきましょう。

私は上図のようなイメージで考えています。スタックは物を上に積み上げていくイメージなので、取り出すときは上から(最後に積んだものから)となります。キューは行列に並ぶイメージで、列に加わる時は最後尾について、列から出ていくときは最前列の人(最初に並んだ人)からとなります。

Arduino

Related Posts

rospyでImageデータを取得してOpenCVの配列として扱う
rospyでImageデータを取得してOpenCVの配列として扱う
概要 PythonでROS開発をする際、sensor_msgs/Image型のトピックを受信して色々な処理をかけたいときには、OpenCVの配列に変換した上で処理を行うと便利です。CvBridgeというsensor_msgs/Imag...
Read More
ネイティブアプリでROS通信をする際はFlutterとroslibがおすすめ
ネイティブアプリでROS通信をする際はFlutterとroslibがおすすめ
概要 ROSを起動させているロボットに対して、スマートデバイスからROSで通信を行いたい時があるときは、Flutterを用いたネイティブアプリで実装するのがおすすめです。 roslibjsを使ってJavaScriptでROSトピックの...
Read More
Arduinoでサーボモータを動かす【簡易版】
Arduinoでサーボモータを動かす【簡易版】
概要 Arduinoでサーボモータを動かす方法について解説します。複数個を同時に制御する場合はPCA9685など追加モジュールを導入してi2cで制御することもできますが、今回はシンプルに1つのサーボモータを動かすサンプルを紹介します。...
Read More