本記事では、AWS RoboMakerでシミュレーションジョブが起動せず「失敗」と表記されてしまった場合のデバッグ方法について解説をします。

AWS RoboMakerの概要については下記記事を参考にしてください。 

https://rb-station.com/blogs/article/aws-robomaker-cloud-robot 

シミュレーションジョブが失敗する

シミュレーションジョブの失敗

シミュレーションジョブを実行するとたまにステータスが「失敗」と表記されて起動しない時があります。

このようになってしまうと、今回のシミュレーションジョブは終了してしまうため、新しくbundleしたtarファイルをアップロードの上、シミュレーションジョブを新たに作成しなければいけなくなります。

CloudWatchのログを参照するCloudWatchログ

シミュレーションジョブのページ下部「設定」の「シミュレーションジョブポート」セクションにある「ログ」を選択すると、新しくタブが開き、CloudWatchの画面に飛ぶと思います。CloudWatchログ

すると、2つのLog streamが選択された状態になります。SimulationApplicationLogsがシミュレーションアプリケーションのログ、RobotApplicationLogsがロボットアプリケーションのログになります。

 通常、初回に/aws/robomaker/SimulationJobs という名前のLog groupsが生成され、その配下にシミュレーションジョブ毎に2つずつLog streamが生成される形となります。

それぞれのCloudWatchログを見ると何が原因で処理が落ちてしまったのかが分かるので修正をしていきましょう。

Aws robomakerRos

Related Posts

Arduino Mega 2560 Rev3のピン配置
Arduino Mega 2560 Rev3のピン配置
Arduino Mega 2560 Rev3のピン配置です。公式ページ: https://content.arduino.cc/assets/Pinout-Mega2560rev3_latest.pdf 下部分の拡大 備考 上部...
Read More
Arduino Uno Rev3のピン配置
Arduino Uno Rev3のピン配置
Arduino Uno Rev3のピン配置です。 公式ページ: https://content.arduino.cc/assets/Pinout-UNOrev3_latest.pdf 備考 PWM出力が可能なピン:「~」が先頭につ...
Read More
TB6600を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
TB6600を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
概要 TB6600はステッピングモータを制御することができる、ステッピングモータコントローラです。TB6600を用いることで、ステッピングモータの回転速度や回転の粒度、方向などをマイコンから制御できるようになります。本記事ではTB66...
Read More