本記事では、AWS RoboMakerでシミュレーションジョブが起動せず「失敗」と表記されてしまった場合のデバッグ方法について解説をします。

AWS RoboMakerの概要については下記記事を参考にしてください。 

https://rb-station.com/blogs/article/aws-robomaker-cloud-robot 

シミュレーションジョブが失敗する

シミュレーションジョブの失敗

シミュレーションジョブを実行するとたまにステータスが「失敗」と表記されて起動しない時があります。

このようになってしまうと、今回のシミュレーションジョブは終了してしまうため、新しくbundleしたtarファイルをアップロードの上、シミュレーションジョブを新たに作成しなければいけなくなります。

CloudWatchのログを参照するCloudWatchログ

シミュレーションジョブのページ下部「設定」の「シミュレーションジョブポート」セクションにある「ログ」を選択すると、新しくタブが開き、CloudWatchの画面に飛ぶと思います。CloudWatchログ

すると、2つのLog streamが選択された状態になります。SimulationApplicationLogsがシミュレーションアプリケーションのログ、RobotApplicationLogsがロボットアプリケーションのログになります。

 通常、初回に/aws/robomaker/SimulationJobs という名前のLog groupsが生成され、その配下にシミュレーションジョブ毎に2つずつLog streamが生成される形となります。

それぞれのCloudWatchログを見ると何が原因で処理が落ちてしまったのかが分かるので修正をしていきましょう。

Aws robomakerRos

Related Posts

ROSのLaserScanデータの一定角度の範囲を無視する方法
ROSのLaserScanデータの一定角度の範囲を無視する方法
ROSでLidarセンサーを使う時、ロボットの車体など一定角度の範囲に常に障害物があり、これを無視したい時があると思いますが、その方法を紹介します。 以下は、得られた/scan_rawトピックのデータの一定角度の範囲を無視して新しい/...
Read More
ROSのmove_baseで、Pythonからコストマップをクリアする方法
ROSのmove_baseで、Pythonからコストマップをクリアする方法
move_baseを使っていると、障害物が無いのにコストマップで障害物判定されてしまうことがあります。そのようなときは、コストマップを一度クリアしましょう。 コマンドから   move_baseノードには、コストマップをクリアする方法...
Read More
roslaunchでrospy.loginfoでの出力が表示されない場合の対応策
roslaunchでrospy.loginfoでの出力が表示されない場合の対応策
roslaunchで起動したときに、rospy.loginfoで出力しても表示されない場合は下記のように--screenオプションをつけましょう。 コマンドラインで実行する場合 roslaunch your_package your_...
Read More