ブレッドボードでジャンパ線が外れる

ブレッドボードは気軽に配線を組むことができるのでとても便利ですが、引っかかってしまったり穴がゆるくなったりすると、ジャンパ線が抜けてしまうことも良くあると思います。

とはいえ、プロトタイピングの途中で、はんだ付けや基盤のプリントまではしたくない、といった状況では、端子台を用いることをおすすめします。

ねじでジャンパ線を固定する端子台

 

端子台は、ブレッドボードほど柔軟な配線はできませんが、ねじでジャンパ線を固定するので、ブレッドボードよりも固定力があり、ジャンパ線が外れづらいのが特徴です。

端子台

下図の赤線の部分のように、向かい合わせになっている端子同士が導通しています。

ジャンパ線を接続する際は、まず接続する端子のネジを緩めるとネジの下部に隙間ができるので、線を差し込みます。その後、ネジを締めると固定することができます。

端子台の接続

ショートバーを用いた分岐

配線を分岐させたいときは、1つの端子に複数の線を繋ぐこともできますが、やや煩雑になってしまうので、ショートバーを用いると良いでしょう。ショートバーは複数のクリップが繋がったパーツのことです。

ショートバー

ショートバーの各クリップは端子台のサイズにぴったりフィットするようになっており、端子の隙間に差し込んでネジで固定することで、取り付けることができます。ショートバーを接続すると隣り同士が導通されるので、下図のように接続した場合、右から16個の端子が導通状態になります。

ショートバーを接続した状態

このように、端子台は、あまり複雑な配線を行うことには適していませんが、ネジでしっかりと固定されるので、ブレッドボードを使っていてジャンパ線が外れやすい場合に是非検討してみてください。

例えば、電源の分配部分だけ端子台を導入する、など一部に使用するのも良いと思います。

 

配線

Related Posts

rospyでImageデータを取得してOpenCVの配列として扱う
rospyでImageデータを取得してOpenCVの配列として扱う
概要 PythonでROS開発をする際、sensor_msgs/Image型のトピックを受信して色々な処理をかけたいときには、OpenCVの配列に変換した上で処理を行うと便利です。CvBridgeというsensor_msgs/Imag...
Read More
ネイティブアプリでROS通信をする際はFlutterとroslibがおすすめ
ネイティブアプリでROS通信をする際はFlutterとroslibがおすすめ
概要 ROSを起動させているロボットに対して、スマートデバイスからROSで通信を行いたい時があるときは、Flutterを用いたネイティブアプリで実装するのがおすすめです。 roslibjsを使ってJavaScriptでROSトピックの...
Read More
Arduinoでサーボモータを動かす【簡易版】
Arduinoでサーボモータを動かす【簡易版】
概要 Arduinoでサーボモータを動かす方法について解説します。複数個を同時に制御する場合はPCA9685など追加モジュールを導入してi2cで制御することもできますが、今回はシンプルに1つのサーボモータを動かすサンプルを紹介します。...
Read More