メカナムホイールはメインのホイール上に45度の角度で樽型のローラーが配置された車輪です。右向きホイール2輪と左向きホイール2輪の計4輪を設置し、駆動系を制御することにより全方位への平行移動と回転をすることが可能となります。

モータに接続して回転させる際、軸直径を合わせなければいけませんが、モータを変える際に軸直径が変わってしまうこともあると思います。そのような時は、メカナムホイール用のモータージョイントを用いて軸直径を変えましょう。

今回使用したもの

  • 直径75mmメカナムホイール

https://rb-station.com/products/75mm-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E5%90%88%E9%87%91%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB-4%E5%80%8B%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

  • メカナムホイール用モータージョイント シャフトカップリング

https://rb-station.com/products/%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%94%A8%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

 

取り付け手順

まず、すでに取り付けられているモータージョイントを取り外します。

 

モータージョイントは裏側から長いネジで取り付けられていますので、モータージョイントに取り付けられたナットを外します。

ナットを外すと、裏側から差し込まれたネジの先端部分が見えてくるので、全てのナットを外しましょう。

この後、モータージョイントを引っ張ると抜けます。

あとは、取り替え先の軸直径のモータージョイントを、上記と逆の手順でメカナムホイールにネジで取り付ければ、メカナムホイール自体を変えることなく、軸直径だけを変えることができます。

メカナムホイール商品解説

Related Posts

ArduinoのpulseInで割り込み処理ができるようにする
ArduinoのpulseInで割り込み処理ができるようにする
概要 超音波センサーHC-SR04等を用いてArduinoで距離計測を行いたいときに、Trigピンで超音波を発生させた後にEchoピンで、超音波が反射されてくるまでの時間を計測することで距離を計測できます。その際、pulseInという...
Read More
DCモータ制御で配線が複雑になる場合はDCモータコントローラシールドMD04を使うと便利!
DCモータ制御で配線が複雑になる場合はDCモータコントローラシールドMD04を使うと便利!
概要 DCモータを動作させる際は、モータコントローラを用いると便利ですが、それでも複数のモータを動作させようとしたときには配線がごちゃごちゃになってしまいがちです。そのような時は、シールドタイプのDCモータコントローラを使えば、マイコ...
Read More
Arduino Nano互換ボードで書き込めない時はプロセッサを確認
Arduino Nano互換ボードで書き込めない時はプロセッサを確認
概要 安価なArduino Nano互換ボードを使っていると、Arduino IDEで書き込みができずにエラーになってしまうことがあります。本記事ではその対処法について解説をします。 対処法 書き込み時にエラーが出る原因はさまざまな...
Read More