メカナムホイールはメインのホイール上に45度の角度で樽型のローラーが配置された車輪です。右向きホイール2輪と左向きホイール2輪の計4輪を設置し、駆動系を制御することにより全方位への平行移動と回転をすることが可能となります。

モータに接続して回転させる際、軸直径を合わせなければいけませんが、モータを変える際に軸直径が変わってしまうこともあると思います。そのような時は、メカナムホイール用のモータージョイントを用いて軸直径を変えましょう。

今回使用したもの

  • 直径75mmメカナムホイール

概要 外径75mmのアルミ合金メカナムホイールです。左右2つずつ合わせて4個のセットになります。 メカナムホイールはメインのホイール上に45度の角度で樽型のローラーが配置された車輪です。右向きホイール2輪と左向きホイール2輪の計4輪を設置し、駆動系を制御することにより全方位への平行移動と回転をすることが可能となります。 仕様 重さ(4個分) 0.41kg 積載量 15kg ホイール部分の厚さ 32mm ローラーの数 10個 素材 アルミ合金   ※積載量は4つのホイールを同時に使用した際の数値となります。   寸法 ホイールの回転と進行方向 4つのそれぞれのホイールの回転方向を制御することにより、全方向移動・回転運動を行うことが可能

 

  • メカナムホイール用モータージョイント シャフトカップリング

 

 

取り付け手順

まず、すでに取り付けられているモータージョイントを取り外します。

 

モータージョイントは裏側から長いネジで取り付けられていますので、モータージョイントに取り付けられたナットを外します。

ナットを外すと、裏側から差し込まれたネジの先端部分が見えてくるので、全てのナットを外しましょう。

この後、モータージョイントを引っ張ると抜けます。

あとは、取り替え先の軸直径のモータージョイントを、上記と逆の手順でメカナムホイールにネジで取り付ければ、メカナムホイール自体を変えることなく、軸直径だけを変えることができます。

メカナムホイール商品解説

Related Posts

ロボットに非常停止スイッチを取り付ける
ロボットに非常停止スイッチを取り付ける
概要 ロボットが予期せぬ動作をし、危害を及ぼしそうになった場合に緊急停止をするスイッチをつけておくことは重要です。 その際、非常停止スイッチは必ず回路的に遮断する設計にする必要があるため、電源との間に非常停止スイッチを挟んでおいて、ス...
Read More
ブレッドボードでジャンパ線が外れる時は端子台がおすすめ
ブレッドボードでジャンパ線が外れる時は端子台がおすすめ
ブレッドボードでジャンパ線が外れる ブレッドボードは気軽に配線を組むことができるのでとても便利ですが、引っかかってしまったり穴がゆるくなったりすると、ジャンパ線が抜けてしまうことも良くあると思います。 とはいえ、プロトタイピングの途中...
Read More
ROSパッケージ紹介 | laserscan_multi_mergerで複数のスキャントピックを1つにマージする
ROSパッケージ紹介 | laserscan_multi_mergerで複数のスキャントピックを1つにマージする
概要 laserscan_multi_mergerは、ira_laser_toolsというパッケージに含まれる、複数のスキャントピックをマージしてくれるノードです。 複数のスキャントピックがある際に1つのスキャントピックに合わせてく...
Read More

サイトについて

RoboStationは誰でも手軽にロボットを製作できるようにすることを目的としたEC・ハウツーサイトです。