DCモータコントローラについて

DCモータを制御したい時に、1から制御回路を作るのは面倒ですので、DCモータコントローラを用いることが多いと思います。しかし、通常のモータコントローラでは、配線数が多くなってしまいがちなので、配線数を減らしてすっきりコンパクトにしたい場合は、L298P使用のシールド型DCモータコントローラを使用することがおすすめです。

https://rb-station.com/products/%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%88%B6%E5%BE%A1-l298p-arduino%E5%AF%BE%E5%BF%9C-dc%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

 通常との比較

下記はDCモータコントローラL298Nを用いた際の制御方法です。

https://rb-station.com/blogs/article/l298n-arduino-dc-motor

2つのモータを制御したい場合、

  • PWMへの接続 x 2
  • モータの向きの制御の線 x 4
  • モータの電源GND / VM
  • 回路の電源GND / VCC
  • モータの線 x 4
  • Arduinoへの給電

と、意外と多くの接続が必要になってしまいます。

しかし、L298Pシールド型DCモータコントローラを用いれば、Arduinoに刺すだけで制御が可能になります。必要な線も

  • 回路への給電
  • モータの線 x 4

だけで済みます。

L298P

L298Pシールド型DCモータコントローラの使い方

データシート

データシートは下記URLになります。

各部位の説明

L298P配線

  • モータ電源:モータに供給する電源ですので、モータの仕様にあった電圧をかけましょう。4.8〜35Vまで対応しています。
  • ジャンパ:上図の下部にあるジャンパを設置すると、Arduinoへの給電もこのボードから行われますので、別途Arduino用の電源を用意する必要がありません。
  • モータ接続端子:DCモータの線に繋ぐことができます。2チャンネルまで対応しています。

接続

このコントローラはArduinoのピン配列と互換をもったシールドですので、Arduinoの上にそのまま挿せば接続完了です。

下図は接続した際に横から見た状態の図になります。

Arduinoとの接続

制御コード例

データシートに記載のコードをベースにしていますが、シンタックスエラーがあってそのままだと使えないため、少し手直しをしてあります。

10、11番PINがPWMのインプット(速度制御)、12、13番 PINが方向制御に対応づいています。

Github: https://github.com/rb-sapiens/arduino-examples/tree/main/l298p

 

// 正転と逆転を2秒おきに繰り返すサンプル
int E1 = 10;
int M1 = 12;
int E2 = 11;
int M2 = 13;

void setup() {
  pinMode(M1, OUTPUT);
  pinMode(M2, OUTPUT);
  pinMode(E1, OUTPUT);
  pinMode(E2, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(M1,HIGH);
  digitalWrite(M2, HIGH);
  analogWrite(E1, 100);
  analogWrite(E2, 100);

  delay(2000);

  digitalWrite(M1,LOW);
  digitalWrite(M2, LOW);
  analogWrite(E1, 100);
  analogWrite(E2, 100);

  delay(2000);

}

 

Arduinoモータコントロール

Related Posts

ArduinoのpulseInで割り込み処理ができるようにする
ArduinoのpulseInで割り込み処理ができるようにする
概要 超音波センサーHC-SR04等を用いてArduinoで距離計測を行いたいときに、Trigピンで超音波を発生させた後にEchoピンで、超音波が反射されてくるまでの時間を計測することで距離を計測できます。その際、pulseInという...
Read More
DCモータ制御で配線が複雑になる場合はDCモータコントローラシールドMD04を使うと便利!
DCモータ制御で配線が複雑になる場合はDCモータコントローラシールドMD04を使うと便利!
概要 DCモータを動作させる際は、モータコントローラを用いると便利ですが、それでも複数のモータを動作させようとしたときには配線がごちゃごちゃになってしまいがちです。そのような時は、シールドタイプのDCモータコントローラを使えば、マイコ...
Read More
Arduino Nano互換ボードで書き込めない時はプロセッサを確認
Arduino Nano互換ボードで書き込めない時はプロセッサを確認
概要 安価なArduino Nano互換ボードを使っていると、Arduino IDEで書き込みができずにエラーになってしまうことがあります。本記事ではその対処法について解説をします。 対処法 書き込み時にエラーが出る原因はさまざまな...
Read More