NVIDIA Jetson Nanoは、GPUの開発元のNVIDIAが提供するマイコンです。GPUが搭載されているので、画像処理、音声処理、機械学習等、計算コストのかかる処理が得意なマイコンになります。

そんなNVIDIA Jetson Nanoの初期設定となるOSインストールについて解説します。

Jetpackがおすすめ!

まず、Micro SDカードを購入し、OSをインストールする必要がありますが、その際はJetpackを用いることを強くオススメします。最新のOSとよく使うミドルウェアやライブラリがあらかじめインストールされているので、後からインストール作業をする手間が大幅に削減されます。

Jetpackには、下記のようなミドルウェアやライブラリがインストールされています。

  • TensorRT: NVIDIA製の高性能ディープラーニング推論最適化・実行ライブラリ
  • cuDNN: NVIDIAが公開しているディープラーニング用のライブラリ
  • CUDA: NVIDIAが提供するGPU向けのC/C++言語の統合開発環境
  • OpenCV: 画像処理用のライブラリ

https://developer.nvidia.com/embedded/jetpack

上記ページの「Download SD Card Image」からMicro SDカード用の OSイメージをダウンロードしましょう。

MicroSDカードにOSインストール

まず、MicroSDカードを購入しましょう。様々なソフトウェアをインストールする予定ですので、32GBでは容量にやや不安があるため、私は64GBのMicroSDカードを購入しました。

この時、容量に対し不自然に安いMicroSDカードは買わない方が良いです。記載の通りの容量が無かったり、読み書きが非常に遅くなり色々な不具合に繋がっったり、使い物にならないものが出回っているためです。

OSのイメージをインストールする際は上記のbalenaEtcherを使いましょう。ページにてソフトウェアをダウンロードしてください。

MicroSDカードをPCに挿した状態で、balenaEtcherを起動します。

balenaEtcher

「Select image」にて先にダウンロードしたjetpackのイメージを選択してください。続いて、「Select target」にてMicroSDカードを選択してください。この時にMicroSDカードが表示されない場合は、うまく認識されていない可能性が高いので、接続を確認してみてください。

最後に「Flash!」ボタンを押すとMicroSDカードにOSを入れることができます。

Jetson Nanoを起動させる

Jetson Nano
MicroSDカードを取り付ける (https://developer.nvidia.com/より引用)

先ほどOSをインストールしたMicroSDカードを、上記画像を参考にしながらJetson Nanoのカード差込口に差し込ましょう。

この時、事前にWi-Fiの設定をしておくと良いでしょう。Wi-Fiの設定はデバイスに別売りのモジュールを装着する必要があるので、別記事にしましたので参考にしてください。

NVIDIA Jetson Nanoには、Raspberry Piなどとは異なり、Wi-Fiのモジュールがついていないため、OSをインストールして起動しただけではWi-Fiを使うことはできません。 少々面倒ですが、別途Wi-Fiのモジュールを購入してセットアップをする必要があるので、そのセットアップの仕方について解説をします。 OSインストールについては下記の記事を参考にしてください。 RoboStation https://rb-station.com/blogs/article/nvidia-jetson-nano-%e5%88%9d%e6%9c%9f%e8%a8%ad%e5%ae%9a-os%e3%82%a4%e3%83%b3

電源はDCアダプターで5V 4Aをオススメします。2Aでも起動はできるのですが、画像処理や機械学習等の重い処理をする際に、電力が足らずに電源が落ちてしまうことがあるためです。

電源を入れてデスクトップが表示されれば無事OSのインストールは完了です!

Jetson nano

Related Posts

アルミフレームを用いてロボットの筐体を作る
アルミフレームを用いてロボットの筐体を作る
アルミフレームのすすめ ロボット製作やDIYをするとき、筐体はどのように作っていますか? 本記事では、多少大きく直線の多い筐体を作るときにとても便利なアルミフレームを紹介します。 上図は左から2020と2040のアルミフレームです。...
Read More
DCモータコントローラの比較!モータに合ったコントローラを選ぼう
DCモータコントローラの比較!モータに合ったコントローラを選ぼう
DCモータを自分で制御しようとするとHブリッジ回路から自作しなければならず、大きな手間がかかってしまいます。特に走行するロボットを製作するような、複数のDCモータを制御しなければならない場合には、あまりDCモータの制御を1から構築した...
Read More
DM542を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
DM542を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
動画による解説はこちら ステッピングモータコントローラ DM542を使ってステッピングモータを動作させる方法について解説をしていきます。   分解能(ステップ角)について 分解能とは1回のパルス波で何度回転するか、といった指標になり...
Read More

サイトについて

RoboStationは誰でも手軽にロボットを製作できるようにすることを目的としたEC・ハウツーサイトです。