NVIDIA Jetson Nanoを動かす際、アクリルケースに入れておくことと、冷却ファン(扇風機)を取り付けておくことをおすすめします。

アクリルケースは、マイコンに埃が溜まってしまったり、誤って傷つけたりショートさせて壊してしまったりなどのミスを低減できるメリットがあるので、装着しておいた方が良いかと思います。

また、Jetson Nanoは機械学習など重い処理を行うことが多いと思うので、発熱を抑制するためにファンも取り付けておくとよいでしょう。

冷却ファンの取り付け方

アクリルケース とファンを取り付け後

アクリルケースとファンを取り付けるとこのような形になります。電源はJetson Nanoの5VピンとGNDピンにそれぞれ繋げばOKです。

5Vピンに繋げる

また、下記コマンドでファンスピードを最大にしてONにすることが可能です。

sudo /usr/bin/jetson_clocks

その他のJetson Nano初期設定

https://rb-station.com/blogs/article/nvidia-jetson-nano-os-installation

https://rb-station.com/blogs/article/nvidia-jetson-nano-wi-fi

Jetson nano

Related Posts

Arduino Uno Rev3のピン配置
Arduino Uno Rev3のピン配置
Arduino Uno Rev3のピン配置です。 公式ページ: https://content.arduino.cc/assets/Pinout-UNOrev3_latest.pdf 備考 PWM出力が可能なピン:「~」が先頭につ...
Read More
TB6600を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
TB6600を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
概要 TB6600はステッピングモータを制御することができる、ステッピングモータコントローラです。TB6600を用いることで、ステッピングモータの回転速度や回転の粒度、方向などをマイコンから制御できるようになります。本記事ではTB66...
Read More
ACアダプターから得られた電源を回路に組み込む
ACアダプターから得られた電源を回路に組み込む
概要 コンセントから得られる交流の電源を、ACアダプターでDC電源に変換をした上で電子回路に導入したいときの方法について解説をします。 ネジ端子 ACアダプターの端子を+と-に分けてくれるネジ端子がありますので、これを用いることでDC...
Read More