move_baseを使っていると、障害物が無いのにコストマップで障害物判定されてしまうことがあります。そのようなときは、コストマップを一度クリアしましょう。

コマンドから

 

move_baseノードには、コストマップをクリアする方法があります。このためには、move_baseノードに対してclear_costmapsサービスを送信する必要があります。

下記のコマンドを実行することでコストマップをクリアできます。

$ rosservice call /move_base/clear_costmaps

 

コード(Python)から

Pythonからもclear_costmapsサービスを呼び出すことができます。

以下は、Pythonスクリプトからclear_costmapsサービスを呼び出す例です。

#!/usr/bin/env python
import rospy
from std_srvs.srv import Empty

rospy.init_node('clear_costmaps_client')

# サービスが提供されるまで待機
rospy.wait_for_service('/move_base/clear_costmaps')

try:
    # clear_costmapsサービスを呼び出す
    clear_costmaps = rospy.ServiceProxy('/move_base/clear_costmaps', Empty)
    clear_costmaps()
    rospy.loginfo("Clear costmaps service called successfully.")
except rospy.ServiceException as e:
    rospy.logerr("Failed to call clear costmaps service: %s" % e)

 このスクリプトでは、rospyを使用してclear_costmapsサービスを呼び出しています。std_srvsパッケージのEmptyクラスをインポートして、clear_costmapsサービスに対するクライアントを作成し、clear_costmaps関数を実行することでコストマップをクリアしています。

Move_baseRos

Related Posts

積載重量2kg / 4輪駆動小型DCモータ メカナムホイールロボット台車・カーシャーシの組み立てマニュアル
積載重量2kg / 4輪駆動小型DCモータ メカナムホイールロボット台車・カーシャーシの組み立てマニュアル
概要 積載重量2kg / 4輪駆動小型DCモータ メカナムホイールロボット台車・カーシャーシの組み立て方について解説をします。 商品リンクは下記になります。 https://rb-station.com/products/%E7%A9...
Read More
温度・湿度センサーDHT11を使ってArduinoで温度と湿度を計測する
温度・湿度センサーDHT11を使ってArduinoで温度と湿度を計測する
概要 温度と湿度を計測することができるDHT11というセンサーを用いて、Arduinoで温度と湿度を計測する方法について解説をします。 DHT11について   DHT11は、温度と湿度を同時に計測することができるセンサーです。上記はモ...
Read More
Arduino IDEのインストール方法と使い方
Arduino IDEのインストール方法と使い方
概要 Arduinoは入出力ポートを備えたマイコンボードで、ソースコードを書くことで、さまざまなハードウェアを制御することができます。 ソースコードを開発・ボードに書き込むためには開発環境であるArduino IDEのインストールが必...
Read More