RoboStationで販売しているロボット台車・「積載重量4kg/3kg 2輪駆動 ロボット台車・カーシャーシ」の組み立て方について解説をします。

https://rb-station.com/products/2%E8%BC%AA%E9%A7%86%E5%8B%95-dc%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF-%E5%8F%B0%E8%BB%8A

貼り付けられている写真はDCモータ版での組み立てですが、ステッピングモーター版も同様の方法で組み立てることが可能です。

 

組み立て方

ブラケットの取り付けブラケット裏面

まず、大きい板の左右に、モータのブラケットの取り付けを行います。4つのネジとナットで取り付けを行いましょう。

モーターの取り付け

続いて、先ほど取り付けたブラケットにモータをネジ止めします。DCモータの場合、モータの軸が板に近くなるような向きに止めましょう。

六角モータージョイントの取り付け

次に、モータ軸に六角モータジョイントを嵌め込んだ後、イモネジを回してモータ軸とモータジョイントを固定します。

ホイールの取り付けホイールの取り付け

先程取り付けたモータジョイントの六角部分にホイールを嵌め込みます。六角部分にはネジ穴が空いているので、ホイールの反対側からネジを取り付けて固定します。

2つのホイールの取り付け

反対側も同様にモータとホイールを取り付けるとこのようになります。

補助ホイールの取り付け

最後に前方部分に補助ホイールを取り付けます。ホイールタイプと球体タイプがありますが、どちらを取り付けても問題ありません。

完成

補助ホイールを取り付けると板が水平になるので移動することが可能になります。小さい板は必要に応じて適宜取り付けを行いましょう。

組み立て方

Related Posts

Arduino Uno Rev3のピン配置
Arduino Uno Rev3のピン配置
Arduino Uno Rev3のピン配置です。 公式ページ: https://content.arduino.cc/assets/Pinout-UNOrev3_latest.pdf 備考 PWM出力が可能なピン:「~」が先頭につ...
Read More
TB6600を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
TB6600を使ってステッピングモータをArduinoで動作させる
概要 TB6600はステッピングモータを制御することができる、ステッピングモータコントローラです。TB6600を用いることで、ステッピングモータの回転速度や回転の粒度、方向などをマイコンから制御できるようになります。本記事ではTB66...
Read More
ACアダプターから得られた電源を回路に組み込む
ACアダプターから得られた電源を回路に組み込む
概要 コンセントから得られる交流の電源を、ACアダプターでDC電源に変換をした上で電子回路に導入したいときの方法について解説をします。 ネジ端子 ACアダプターの端子を+と-に分けてくれるネジ端子がありますので、これを用いることでDC...
Read More