概要

VMWare FusionでUbuntu 18.04の仮想ディスクを起動する際に、ハードディスクの容量を上げる方法について解説します。

手順

1. 仮想ディスクの電源をOFFにする

2. 設定ボタンを押して設定画面を開いた後に、ハードディスクを選択して、ハードディスクの容量を設定する

3. Ubuntuの仮想ディスクに入った後、Disksを開き、歯車マークを押して「Resize」で、ディスク容量を増やします。

 

これで、VMWareの仮想ディスクの容量を増やすことができます。ホストマシン側だけではなく、仮想マシン側でも設定が必要なので注意しましょう。

Related Posts

rospyでImageデータを取得してOpenCVの配列として扱う
rospyでImageデータを取得してOpenCVの配列として扱う
概要 PythonでROS開発をする際、sensor_msgs/Image型のトピックを受信して色々な処理をかけたいときには、OpenCVの配列に変換した上で処理を行うと便利です。CvBridgeというsensor_msgs/Imag...
Read More
ネイティブアプリでROS通信をする際はFlutterとroslibがおすすめ
ネイティブアプリでROS通信をする際はFlutterとroslibがおすすめ
概要 ROSを起動させているロボットに対して、スマートデバイスからROSで通信を行いたい時があるときは、Flutterを用いたネイティブアプリで実装するのがおすすめです。 roslibjsを使ってJavaScriptでROSトピックの...
Read More
Arduinoでサーボモータを動かす【簡易版】
Arduinoでサーボモータを動かす【簡易版】
概要 Arduinoでサーボモータを動かす方法について解説します。複数個を同時に制御する場合はPCA9685など追加モジュールを導入してi2cで制御することもできますが、今回はシンプルに1つのサーボモータを動かすサンプルを紹介します。...
Read More