駆動電圧9V-40V / 駆動電流 4A ステッピングモータコントローラ TB6600


価格:
¥2,200

税込み / 送料440円
(2,000円以上のお買い上げで送料無料)

在庫:
在庫あり (48個), 出荷準備完了
※ 現在、新型コロナウィルスによる物流会社の混乱により、一部商品においてお届けまでに数日〜1週間程度さらにお時間をいただく可能性がございます。
※ お支払い方法は、請求書払い、クレジットカード、AmazonPay、GooglePay、銀行振込に対応しています。
請求書払いの際は見積もり依頼フォームからまず見積もり依頼をご送付ください。(その他はお支払い画面で選択)
※ 全ての配送物に領収書が同封されます。

概要

ステッピングモータの制御をすることが可能なコントローラモジュールです。

ステップ角を細かく設定できる特長があります。例えば、ステッピングモータ固有なステップ角が1.8°だった場合、このコントローラで設定することにより、0.9°、0.45°など、さらに細かいステップ角に設定することが可能になっています。

データシート: https://www.mcielectronics.cl/website_MCI/static/documents/TB6600_data_sheet.pdf

仕様

駆動電圧 DC9-40V
駆動電流 0.7-4.2A
サイズ 95mm x 56mm x 36mm


分解能テーブル

分解能[pulse/rev] S1 S2 S3
NC ON ON ON
200 ON ON OFF
400 ON OFF ON
800 ON OFF OFF
1600 OFF ON OFF
3200 OFF OFF ON
6400 OFF OFF OFF

電流テーブル

使用する電流の大きさを指定することができます。トルクを大きく出したい時は使用電流を多くするようにしましょう。

ピーク電流 S4 S5 S6
0.7A ON
ON ON
1.2A ON
OFF
ON
1.7A ON
ON
OFF
2.2A ON
OFF
OFF
2.7A OFF
ON ON
2.9A OFF
OFF
ON
3.2A OFF
ON
OFF
4.0A
OFF
OFF
OFF

分解能とは1回のパルス波で何度回転するか、といった指標になります。

これは、ステッピングモータ自身が持っているパラメータで、「基本ステップ角度」と呼びます。モータごとに分解能は変わりますが、2相ステッピングモータで1.8°、5相ステッピングモータで0.72°の基本ステップ角をもつものが多くなっています。

横の赤い箇所に爪が6つついているので、この爪を上に切り替えるとOFF、下に切り替えるとONを意味します。

 

上図は1,2ON 3,4,5,6 OFFの例です。


Arduinoでの動作例

Arduinoでステッピングモータを動作させる方法については下記の記事をご参考ください。

TB6600はステッピングモータを制御することができる、ステッピングモータコントローラです。TB6600を用いることで、ステッピングモータの回転速度や回転の粒度、方向などをマイコンから制御できるようになります。本記事ではTB6600を使ってステッピングモータをArduino経由で制御する方法について解説します。 分解能とは1回のパルス波で何度回転するか、といった指標になります。 これは、ステッピングモータ自身が持っているパラメータで、「基本ステップ角度」と呼びます。モータごとに分解能は変わりますが、2相ステッピングモータで1.8°、5相ステッピングモータで0.72°の基本ステップ角をもつものが多くなっています。

返品・不良品・キャンセルについて

お支払いについて

Amazon American Express Apple Pay Google Pay Mastercard Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

合わせて買いたい

Recently viewed