PCA9685 16チャンネル サーボモータコントローラ


価格:
¥660

税込み / 送料440円
(2,000円以上のお買い上げで送料無料)

在庫:
在庫あり (40個), 出荷準備完了
※ 現在、新型コロナウィルスによる物流会社の混乱により、一部商品においてお届けまでに数日〜1週間程度さらにお時間をいただく可能性がございます。
※ お支払い方法は、請求書払い、クレジットカード、AmazonPay、GooglePay、銀行振込に対応しています。
請求書払いの際は見積もり依頼フォームからまず見積もり依頼をご送付ください。(その他はお支払い画面で選択)
※ 全ての配送物に領収書が同封されます。

概要

Raspberry PiやArduino等のマイコンから、i2c通信を用いることでSCLとSDAの2つのピンのみで複数のPWM制御を行うことができるモジュールです。

複数のサーボモータを制御する際に最適です。

  • 16チャンネルの端子があるため16台のサーボモータを同時接続が可能です。
  • PCA9685同士をつなぎ合わせることで最大992台のサーボモータまで制御することが可能です。
  • 電源電圧:5V-10V
  • 解像度:12ビット

データシート:https://cdn-shop.adafruit.com/datasheets/PCA9685.pdf

Raspberry Piで制御する方法については下記記事をご参考ください。

サーボモータの制御 サーボモーター はPWM制御を用いて、任意の角度まで回転させることができるモーターで、ロボットアームなど精密な動作が必要な時に使われます。ロボットアームは複数のサーボモーターを組み合わせることにより、自由度が増え、複雑な動きをすることが可能となります。 ロボットの動きが複雑になるほど、必要なサーボモーターの数が5個、10個と増えてきますが、1つのサーボモーターに対し1つのPWMピンで制御するのは限界があります。 PCA9685のすすめ そこで、i2c通信とPCA9685という複数のPWM制御ができるコントローラを用いて、2つのピンを用いるだけで数十個のサーボモータ を制御する方法を解説します。 i2c通信とは S

返品・不良品・キャンセルについて

お支払いについて

Amazon American Express Apple Pay Google Pay Mastercard Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

合わせて買いたい

Recently viewed