概要

直近、realsense_rosのrs_camera.launchを立ち上げた際、unite_imu_methodパラメータを設定しても/imuトピックが立ち上がらない事象が起きていたため、調査した内容の備忘録となります。内容は非常に薄いです。

enable_gyroとenable_accelがfalseになっていた

タイトル通りではあるのですが、昔にインストールしたreanselse_rosでは下記のようなlaunchファイルで/imuトピックが起動していました。

 

  <include file="$(find realsense2_camera)/launch/rs_camera.launch">
    <arg name="unite_imu_method" value="linear_interpolation"/>
  </include>

 

しかし、直近インストールしたreanselse_rosが上記のlaunchファイルでは/imuトピックが起動しなかったのでソースコードに変更が無かったかを調べたところ、、、

変更されていました・・!

今まで意識することはありませんでしたが、enable_gyroとenable_accelというパラメータがデフォルトでfalseにされてしまったのでこれをtrueにしてimuの機能をONにしておきましょう。

launchファイルとしては下記のようになります。

  <include file="$(find realsense2_camera)/launch/rs_camera.launch">
    <arg name="unite_imu_method" value="linear_interpolation"/>
    <arg name="enable_gyro" value="true"/>
    <arg name="enable_accel" value="true"/>
  </include>

 関連記事

ROS melodicにおいて、小型の深度センサーである、Intel RealSense D435iを用いて、マップ生成や自己位置推定などに必要な/scanと/imuのトピックを発行したいと思います。RealSenseにはD435とD435iと、形状が似ているタイプが存在しますが、D435iの方がIMU(ジャイロや加速度センサー)がついているため、こちらを使用します。 RealSenseライブラリのインストール こちらのrealsense-rosがRealSenseのROSライブラリになります。 https://github.com/IntelRealSense/realsense-ros ROS melodic向けのRealSen
 

 

Ros

Related Posts

rosserialを使ってArduinoで/cmd_velトピックを受信してロボット台車を動かす
rosserialを使ってArduinoで/cmd_velトピックを受信してロボット台車を動かす
概要 ROSを使って実機でロボット台車を動作させたい時に、Arduinoでシリアル通信経由でROSトピックを受信して、ロボット台車を動作させる方法を説明します。 /cmd_velは、平行移動の速度と回転速度が定義されたgeometry...
Read More
ArduinoとCAN-BUSシールドでCAN通信
ArduinoとCAN-BUSシールドでCAN通信
概要 CAN(Controller Area Network) はドイツのBOSCH社が開発したシリアル通信プロトコルです。信頼性が高く、主に自動車の制御システムに用いられていましたが、最近はIoT、ロボット台車などでもCAN通信を使...
Read More
ROSパッケージ紹介 | depthimage_to_laserscanでデプスカメラ情報からscanトピックを発行
ROSパッケージ紹介 | depthimage_to_laserscanでデプスカメラ情報からscanトピックを発行
概要 gmappingなどの多くのマップ生成パッケージでは、sensor_msgs/LaserScanの型のトピックを受信することが多いと思います。そのような時に、scanを発行できるデバイスはLidarなどがありますが、Lidarを...
Read More

サイトについて

RoboStationは誰でも手軽にロボットを製作できるようにすることを目的としたEC・ハウツーサイトです。