概要

ArduinoでROSのトピックを受信して動作をさせたいときに、使うのがrosserialです。

このrosserial_arduinoを用いてArduinoと繋げてROSトピックを投げた際に下記のようなエラーが出る時があります。

Unable to sync with device; possible link problem or link software version mismatch such as hydro rosserial_python with groovy Arduino

 このエラーに関する対処法について解説をします。

チェックリスト

原因はいくつかあるようですので原因ごとに対処法を記載しておきます。

ボーレートは合っているか

メイン端末側

rosrun rosserial_python serial_node.py _port:=/dev/ttyACM0 _baud:=9600

rosserial_pythonを起動する際に、baudというパラメータを設定することができます。これはシリアル通信を行う際のボーレートで、Arduino側でも同じボーレートを指定する必要があります。

Arduino側

ros::NodeHandle nh;
nh.getHardware()->setBaud(9600);
nh.initNode();

 NodeHandleを作った後、setBaudで、メイン端末側と同じボーレートを指定しましょう。

ボーレートは遅くする

ボーレートを遅くすると解決することがありますので、9600など、遅いボーレートで試してみると良いでしょう。

nh.spinOnceの周期を遅くする

特にコードを変更していない場合は、これが原因の可能性が高いです。

void loop() {
  nh.spinOnce();
  delay(30);
}

 Arduinoのloopでnh.spinOnce()をした後にdelayをしているかと思いますが、ここの値を増やすと解決することがあります。

 

Arduino

Related Posts

Arduinoのコードでキュー(Queue)を使う
Arduinoのコードでキュー(Queue)を使う
概要 Arduinoのコードを書く際に、処理をキューイングして順番に処理をしていきたい時がありました。Arduinoにはarrayはありますが、FIFO(後述)型のキューはデフォルトでは無いため、外部ライブラリをインクルードする必要が...
Read More
2輪駆動 ロボット台車・カーシャーシの組み立て方
2輪駆動 ロボット台車・カーシャーシの組み立て方
RoboStationで販売しているロボット台車・「積載重量4kg/3kg 2輪駆動 ロボット台車・カーシャーシ」の組み立て方について解説をします。   RoboStation https://rb-station.com/prod...
Read More
L298PモータシールドとArduinoを使ってシンプルな配線でDCモータを制御しよう
L298PモータシールドとArduinoを使ってシンプルな配線でDCモータを制御しよう
DCモータコントローラについて DCモータを制御したい時に、1から制御回路を作るのは面倒ですので、DCモータコントローラを用いることが多いと思います。しかし、通常のモータコントローラでは、配線数が多くなってしまいがちなので、配線数を減...
Read More