概要

Arduinoでサーボモータを動かす方法について解説します。複数個を同時に制御する場合はPCA9685など追加モジュールを導入してi2cで制御することもできますが、今回はシンプルに1つのサーボモータを動かすサンプルを紹介します。

Arduinoの接続

サーボモータの接続

1つだけしか使わないので、非常にシンプルな配線になります。

  • 5V: サーボモータのVccと接続
  • GND: サーボモータのGNDと接続
  • ロジック線: 9番PIN

サンプルコード

Servo.hというデフォルトのライブラリがあるのでこれを用いることで簡単にサーボモータを動かすことが可能です。

 

#include <Servo.h>

Servo myservo;

void setup() {
  myservo.attach(9);
}

void loop() {
  myservo.write(0);
  delay(1000);
  myservo.write(30);
  delay(1000);
  myservo.write(60);
  delay(1000);
  myservo.write(30);
  delay(1000);
}

  •  #include <Servo.h> でライブラリをインクルードします。
  • Servo myservo で、サーボモータのインスタンス変数を生成します。
  • 9番PINをサーボモータの制御ピンに繋がっていますので、 myservo.attach(9) とすることで9番PINで制御ができるようになります。
  • myservo.write(30) で指定の角度[°]にサーボモータを動かすことができます。

このように非常に簡単にサーボモータをコントロールすることが可能です。

サーボモータの数が多くなってきたらPCA9685などのモジュールを導入することを検討しましょう。

下記はRaspberry PIでの制御例です。

 

Arduinoサーボモータ

Related Posts

2輪駆動 ロボット台車・カーシャーシの組み立て方
2輪駆動 ロボット台車・カーシャーシの組み立て方
RoboStationで販売しているロボット台車・「積載重量4kg/3kg 2輪駆動 ロボット台車・カーシャーシ」の組み立て方について解説をします。   RoboStation https://rb-station.com/prod...
Read More
L298PモータシールドとArduinoを使ってシンプルな配線でDCモータを制御しよう
L298PモータシールドとArduinoを使ってシンプルな配線でDCモータを制御しよう
DCモータコントローラについて DCモータを制御したい時に、1から制御回路を作るのは面倒ですので、DCモータコントローラを用いることが多いと思います。しかし、通常のモータコントローラでは、配線数が多くなってしまいがちなので、配線数を減...
Read More
メカナムホイール用モータージョイントを使ってメカナムホイールの軸直径を変える
メカナムホイール用モータージョイントを使ってメカナムホイールの軸直径を変える
メカナムホイールはメインのホイール上に45度の角度で樽型のローラーが配置された車輪です。右向きホイール2輪と左向きホイール2輪の計4輪を設置し、駆動系を制御することにより全方位への平行移動と回転をすることが可能となります。 モータに接...
Read More