概要

Arduinoでサーボモータを動かす方法について解説します。複数個を同時に制御する場合はPCA9685など追加モジュールを導入してi2cで制御することもできますが、今回はシンプルに1つのサーボモータを動かすサンプルを紹介します。

Arduinoの接続

サーボモータの接続

1つだけしか使わないので、非常にシンプルな配線になります。

  • 5V: サーボモータのVccと接続
  • GND: サーボモータのGNDと接続
  • ロジック線: 9番PIN

サンプルコード

Servo.hというデフォルトのライブラリがあるのでこれを用いることで簡単にサーボモータを動かすことが可能です。

 

#include <Servo.h>

Servo myservo;

void setup() {
  myservo.attach(9);
}

void loop() {
  myservo.write(0);
  delay(1000);
  myservo.write(30);
  delay(1000);
  myservo.write(60);
  delay(1000);
  myservo.write(30);
  delay(1000);
}

  •  #include <Servo.h> でライブラリをインクルードします。
  • Servo myservo で、サーボモータのインスタンス変数を生成します。
  • 9番PINをサーボモータの制御ピンに繋がっていますので、 myservo.attach(9) とすることで9番PINで制御ができるようになります。
  • myservo.write(30) で指定の角度[°]にサーボモータを動かすことができます。

このように非常に簡単にサーボモータをコントロールすることが可能です。

サーボモータの数が多くなってきたらPCA9685などのモジュールを導入することを検討しましょう。

下記はRaspberry PIでの制御例です。

 

Arduinoサーボモータ

Related Posts

ACアダプターから得られた電源を回路に組み込む
ACアダプターから得られた電源を回路に組み込む
概要 コンセントから得られる交流の電源を、ACアダプターでDC電源に変換をした上で電子回路に導入したいときの方法について解説をします。 ネジ端子 ACアダプターの端子を+と-に分けてくれるネジ端子がありますので、これを用いることでDC...
Read More
WindowsでArduino Uno互換ボードに書き込む時にシリアルポートが選択できない時の対処法
WindowsでArduino Uno互換ボードに書き込む時にシリアルポートが選択できない時の対処法
概要 Arduino Uno R3の互換ボードを用いる時、WindowsでArduino IDEを開き、シリアルポートを繋げようとした際にグレーアウトされてしまって選択することができない場合があるので、解決方法について解説をします。 ...
Read More
Arduinoでコードからリセットをする方法
Arduinoでコードからリセットをする方法
概要 Arduinoでは、リセットボタンを押すと初期化がされ、setup()の関数がコールされますが、リセットボタンを押さずにコード上だけでリセットをさせたいときは、アドレス0を指定して実行をする方法があります。 参考: https:...
Read More