概要

Arduinoでサーボモータを動かす方法について解説します。複数個を同時に制御する場合はPCA9685など追加モジュールを導入してi2cで制御することもできますが、今回はシンプルに1つのサーボモータを動かすサンプルを紹介します。

Arduinoの接続

サーボモータの接続

1つだけしか使わないので、非常にシンプルな配線になります。

  • 5V: サーボモータのVccと接続
  • GND: サーボモータのGNDと接続
  • ロジック線: 9番PIN

サンプルコード

Servo.hというデフォルトのライブラリがあるのでこれを用いることで簡単にサーボモータを動かすことが可能です。

 

#include <Servo.h>

Servo myservo;

void setup() {
  myservo.attach(9);
}

void loop() {
  myservo.write(0);
  delay(1000);
  myservo.write(30);
  delay(1000);
  myservo.write(60);
  delay(1000);
  myservo.write(30);
  delay(1000);
}

  •  #include <Servo.h> でライブラリをインクルードします。
  • Servo myservo で、サーボモータのインスタンス変数を生成します。
  • 9番PINをサーボモータの制御ピンに繋がっていますので、 myservo.attach(9) とすることで9番PINで制御ができるようになります。
  • myservo.write(30) で指定の角度[°]にサーボモータを動かすことができます。

このように非常に簡単にサーボモータをコントロールすることが可能です。

サーボモータの数が多くなってきたらPCA9685などのモジュールを導入することを検討しましょう。

下記はRaspberry PIでの制御例です。

https://rb-station.com/blogs/article/pca9685-raspbery-pi-python

Arduinoサーボモータ

Related Posts

積載重量2kg / 4輪駆動小型DCモータ メカナムホイールロボット台車・カーシャーシの組み立てマニュアル
積載重量2kg / 4輪駆動小型DCモータ メカナムホイールロボット台車・カーシャーシの組み立てマニュアル
概要 積載重量2kg / 4輪駆動小型DCモータ メカナムホイールロボット台車・カーシャーシの組み立て方について解説をします。 商品リンクは下記になります。 https://rb-station.com/products/%E7%A9...
Read More
温度・湿度センサーDHT11を使ってArduinoで温度と湿度を計測する
温度・湿度センサーDHT11を使ってArduinoで温度と湿度を計測する
概要 温度と湿度を計測することができるDHT11というセンサーを用いて、Arduinoで温度と湿度を計測する方法について解説をします。 DHT11について   DHT11は、温度と湿度を同時に計測することができるセンサーです。上記はモ...
Read More
Arduino Nanoのピン配置
Arduino Nanoのピン配置
Arduino Nanoのピン配置です。公式ページ: https://content.arduino.cc/assets/Pinout-NANO_latest.pdf 備考 PWM出力が可能なピン:「~」が先頭についているピン...
Read More